沖縄最古の映画館 首里劇場
劇場トップへ 映画
劇場トップ
劇場への近道 60年の歴史 館長のぼやき
首里劇場とは 首里劇場の館内 イベント情報 入場料金

多呂プロ間借りホームページ・2011/06/09

ここ、首里劇場ホームページの片隅をお借りして、多呂プロの案内をさせて頂く事になりました。残念ながら多呂プロはパソコンも携帯もありません。メッセージを頂いても、すぐには読めず、ましてや返事は出せません、と、思います。映画のご感想その他募集につきましては、お手数ですが下記の住所に郵送して頂きたく思います。

郵便番号104-0061 東京都中央区銀座5-3-12 壱番館ビル9階 大蔵映画内 多呂プロ 
             

多呂プロホームページ再開!!2011年6月9日

5/2に部屋のセッティング途中にパソコンを壊して以来更新できずにおりました。しかしやつと新しい、中古パソコンを手に入れ、再開できる事になりました。沖縄ロケでどこかに行ってしまつたかと心配していた方々、穴埋めしながら、何とか追いつきたいと思います。今後とも、よろしくお願いいたします。

多呂プロニュース

◎ 多呂プロ新作6/10より「発情花嫁・おねだりは後ろから」公開です。

梅雨のひととき、下町人情ポルノはいかがでしょうか。
6月10日(金)より16日(木)まで上野オークラ劇場にて一週間大公開致します。
毎日オールナイト。シネコンではありませんのでいつ入っても大丈夫。朝まで居られます。
時間は、午後0時25分、3時31分、6時37分、9時43分、午前0時49分、3時55分の計6回。
料金は大人千六百円、シニア学生千三百円。三本立てでお得です。
当劇場は昨年開館したばかりの綺麗な劇場です。
古くて新しい文化の拠点上野オークラ劇場にどうかお運び下さい。
場所は京成上野駅池の端口前、不忍池に面した由緒ある場所です。
完全バリアフリー。電話は03−3831−0157です。
心より御来場お待ちしております。



出演・・・早乙女ルイ・淡島小鞠・里見瑤子・
那波隆史・牧村耕次・津田篤・
小林節彦・太田始・平川直大・西藤尚・佐々木基子
撮影・・飯岡聖英
音楽・・宮川透

◎ 5/22名古屋南映画劇場が閉館致しました。
当劇場は「ふしだら慕情」の撮影でもお世話になった、広く明るく綺麗な劇場で、当日は名残惜しむ多数のお客さんがいらっしゃいました。長い間、お疲れさまでした。ありがとうございました。
◎ 速報!!
多呂プロ15周年超大作、林芙美子原作「浮雲/空に咲く愛の地図」無事沖縄ロケ終了。完成致しました。公開は8/10(水)〜9/6(火)横浜光音座にて公開致します。

出演・・現代の森雅之・・那波隆史
     和製ジェームスディーン2世・・玄波孝章
  詳しくはまたいずれ。
  8/14、イベントあり。



多呂プロニュース   2011/04/03
 震災の影響で、石巻、水戸、新宿の映画館が休館しています。その上での寂しいお知らせです。名古屋の優良映画館、南映が5月22日をもってとうとう閉館してしまうことになりました。この時期に辛い話です。しかし映画はまだあります。あるものの力を最大限に引き出す、与えられた仕事をするのみです。
 それでは2011年第7弾。発信です。


多呂プロニュース   2011/03/28
 花粉症で、ばてています。皆様はいかがお過ごしでしょうか。日本の行く末が全く見えないことが明らかになりましたが、そんな時は是非映画を見て下さい。一緒に泣いて笑って楽しみましょう。こんなに良い国民(キャスト)がいるのに、いい国を作れないなんて、国の指揮者は(監督)失格ですね。
 それでは2011年第6弾。発信です。


多呂プロニュース   2011/03/20
 久しぶりの更新です。
 大地震のあった3/11は、「エマニエル2011 (淑女の裏顔) 」初日で、上野オークラ劇場のすぐそばで打ち合わせをしていました。不忍池まで避難したあと劇場に寄ると、交通が麻痺した為お客さんがどんどん押し寄せ、結局そのまま邪魔しながら手伝いの真似事をしました。夜中には、ばてて眠ってしまったのですが、劇場の方々のどこにも行けなくなった人々に対する、献身的な姿には感動しました。彼らとて出社した朝から交代できずに丸1日仕事をして疲れているはずなのに、不安を隠せないお客さん一人ひとりに丁寧に話をして仕事をこなしているのです。食べ物が残り少ないと知るや、仕入れてきたドーナツをスタッフのために差し入れる従業員の方も居ました。劇場は新しくなってしまったけれど、最後の救いは人なのだと、改めて感じました。こんな劇場で自分の映画が公開される幸せをしっかりと感じているところです。早朝になって、更にお客さんは溢れかえってはいましたが、和やかな雰囲気で、立ち見で本当は見るつもりのなかった「エマニエル2011(淑女の裏顔)」を一心に観賞している様は、忘れられないものでした。
 街の雰囲気も、いたって静かで、助け合い、情報を交換する人々の姿に、ほっとするものがありました。こういう大変なときに、本来日本人が持っていた、親切で、話(コミニケーション)が上手で、助け合う姿が表出したのは、意外ですが、嬉しいものでした。街の人が普段よりも平静で居られるのは、今の日本に呆れ返り、達観しているからのような気がします。人々は日頃から、駄目な官僚や政治家に鍛えられてきたのです。伊達に、駄目なマスコミの洗礼を受けていたわけではありません。事態は大変ですが、安心できるものを確かに感じました。
 皆さんはいかがお過ごしでしょうか。大地震でご家族や御知り合いで被害を受けた方には謹んで御見舞い申し上げます。

 最後に。大地震後、他の映画館の動員が軒並み落ちているところで、上野オークラ劇場がそれほど落ちずに居られたのは、ひとえにお客様のお陰です。有難うございました。
 2011年第5弾。発信です。

○ 沖縄ロケ作品「人妻紙風船(仮)」を4月後半に上野オークラ劇場にて再映致します。この映画は成人映画初のオール沖縄ロケ作品です。首里城や那覇の農連市場やちゅらさんの舞台になった石畳のロケを強行しています。先日の首里劇場上映会も好評で終わったとの事。沖縄現地も認めたこの作品を是非御覧下さい。見終わった後は、コ゚ーヤチャンプルや、テビチを食べて、泡盛を飲みたくなること間違いなしです。上映日には、パンフの発売と共に、現場の沖縄民謡の音楽を実費にてお分けする予定もありますのでお楽しみに。

○ 3月9日夜「多呂プロ祭りイン首里」を開催しました。当日は寒くどなたもいらっしゃらないのではないかと心配されましたが、館長の金城さんの御尽力で20人以上のお客さんが来て下さいました。初めて沖縄のお客さんにお目にかかることが出来、様々なお話を聞くことが出来、まさに感激の夜でした。来年春も第2回「多呂プロ祭りイン首里」を開催していただくとの事。これまた感激です。

多呂プロ穴埋め式まとめ日記2011.5〜

6/9 1時から6時。梅雨の晴れ間。花粉症直らず。一生懸命やっているのに、片付かず。むしむしして来る。

6/8 11時から6時。雨のち晴れ。花粉症酷い。部屋の整理。進まず。昼食、鳥スープ、パン。ラボテック、下北沢へ。マネージーと会う。燐光群「推進派」見る。沖縄を材代にしてほしかったと思っていたところなので良いタイミングだった。しかも傑作。徳之島が舞台とは、意表をついて良かった。8840歩。

6/8 11から6時。雨。花粉症酷い。部屋の整理。進まず。

6/7 12時から7時。疲れよく寝る。ゴボウクッキー。鳥スープ。糠味噌が美味い。糀谷商店街を歩く。ここはよい。8550歩。

6/6 朝から部屋の掃除、全く片付かず。蕗、春菊、鳥スープを作る。カラオケ。下北沢のスープカレーの店へ行く。柴崎の湯へ。2693歩。

6/5 疲れているのに、早朝から荷物を道志に運びにいく。気候がよい。髪を切る。昼には帰ってくる。昼寝。雨が降ってくる。リマ、ルヴァンのゴールデンコース。浅草にて「錆びたナイフ」見る。何度も見ていた事を思い出す。杉浦直樹がよい。黒湯へ行く。5013歩。

6/4 4時から荷物整理。晴れて暑くなる。ばてて10時から昼寝。塩のないスープが異様に美味しい。白山にて事務所の方にあう。しごくもっともなお話。頑張らねば。話を聞いて下さっただけでも有難い。某所で、秘密のスープを飲む。美味い。ここだけは場所を教えられない。たまたま通った北村康祐の家のサンドウィッチが美味い。帰り、高円寺散策。三鷹台の風呂屋へ行く。10299歩。

6/3 4時から8時半。政治はひどい。中々片付け進まず。暖かく、花粉が飛び、蚊も出る。本売るが本買う。夕飯はカレー。まずは、玉葱をミキサーでどろどろにしてキノコとささみを入れて煮る。これだけで塩を入れなくても美味い。玄米をミキサーで下ろすとこれ又美味い。カレー粉を入れると、これもいい。眠くなり、風呂に入る。5219歩。

6/2 12時から5時。朝からばてている。大雨の中を道志へ、荷物持っていく。焦ってたのか、大事なものを積み忘れてしまう。玄米、紫蘇。パンとはちみつ。帰ってからも大雨の中、荷物を運ぶ。国会は酷い事になっている。報道するマスコミもかなり鈍くはないのか。夜中、羽田、上野オークラへ。6481歩。

6/1 1時から4時。久々散歩。小梅を買う。そんな季節か。400円。シロップにする。タマネギ、キュウリを買う。紫蘇と塩で揉み、糠味噌にする。家の整理。量が膨大すぎて進まない。カフカの台詞ではないが落ち葉は掃いた後から散らかる。午後、マネージャーと会話。総理不信任案提出。午後も整理。風呂に入る。8177歩。

5/31 晴れ 1時から6時。部屋が片付かず、それも重症。うだうだしていると、友人からрり。新しいパソコンを持ってきてくれるという。有難や有難や。慌てて少しは綺麗にしようと頑張る事ができる。これ又有難や有難や。新しいパソコンは使い勝手がよく、今までは何だったんだと思うくらいだ。大物運びも手伝ってもらい本当に有難い。天気もよく気候もよい年に何日もない気候。ということで、久々日記を再開である。

5/30 晴れ。映倫初号の日。神楽坂で迷うがいい道を歩く。「英国王のスピーチ」見る。田中組打ち合わせ。帰りにションベン横町の若月でラーメン食べる。うまい。17199歩。

5/29 台風。疲れて3度寝をしてしまう。部屋の整理。買い物。鼠取りを買う。心臓おかしくなってしまう。一瞬止まり又動く。何とか直る。

5/28 2度寝をしてしまう。家の整理に追われる。友人の家に行き、スチールの整理をする。パソコンを買ってきてもらう。

5/27 8時から3時。打ち上げの準備。メニューは沖縄風手びちおでん、おむすび、炊き込みとげんまい塩むすびの3種類、ミミガー(豚の耳)、玉子焼き(チーズ、青海苔、砂糖の3種)、キャベツ塩漬け、おはぎ、ケーキ等作りまくる。ばてて10分寝る。10時からポスター撮り。その準備も平行して行う。初号試写。雨が降りそうだが、それでも野川っぺりで打ち上げに勤しむのだ。沢山の人がきてくれる。大いに盛り上がるが、雨をしおにバーミヤントークへ。

5/26 10時から3時。早朝から荷物を道志に運びにいく。荷物が目茶滅茶多くなり、もう把握不能になっている。道志は寒く花粉飛ぶ、くしゃみ連発。津久井で買い物。いい塩梅に豚足(てびち)耳、売っている。打ち上げはこれに決めた。

5/25 1時から6時半。疲れて2度寝をしてしまう。車の整理、整理した傍から散らかるような気分。天気よいので大洗濯をする。昨日の残りの鳥スープや名古屋で買った味噌煮込みうどんを食べる。

5/24 11時から4時半。早起きして、音楽合わせ。豪雨。後、晴れ。ダビング。御飯作りが大変。昼はカボチャ入り鳥スープ。夜は野菜の煮つけ。納豆、卵。中村さんがノッテやってくれて、11時過ぎ終了。

5/23 1時から8時。小雨。散歩。名古屋はよい町並みが残っている。中日新聞、250円弁当、お土産の味噌煮込みうどんを買う。バスにて帰京。又、6時間。音楽合わせ。

5/22 11時から5時。音楽合わせ。そのあとバスにて、名古屋へ。6時間。諏訪の辺りで大雨。静活のエスさんと合流。シネマスコーレヘ挨拶。南映画傍のコメダヘ。さすが本場は大分趣が違う。下町の昔懐かしき喫茶店。爽やかな幕切れだった。社長のお人柄か、爽やかに辞められた。これだけ広く綺麗ですばらしい劇場が無くってしまうのだ。温泉サン御夫婦と合流。沖縄以来1週間ぶりなので、不思議な気分。皆さんと夜遅くまで名残惜しむ。

5/21 名古屋へ行く準備。小鞠から南映画社長さんへのお手紙をもらう。良く書けている。

5/20 音楽合わせ。難航。

5/19 アフレコ。やっとここまでこぎ着ける。

5/18 オールラッシュ。長い。

5/17 編集。弁当作る。

5/16 4時起床。機材返却。上野の荷物を回収。友人の家に行き、パソコンを依頼。ばらし。

5/15 10時から6時。おやすみだが、片づけで終始。

5/14 3時から5時。皆が爆睡している中散歩。確かに沖縄は壊れつつある。しかし、やはり人なんだと思う。「協力してくださった方はいい人しかいませんでしたね」と那波さん。帰りの飛行機で、又、航空会社に難癖をつけられ、意味のない足止め。そんなに危険なものと疑うなら、そこいらに、放置するな!!荷物検査係の無知と怠慢と職業意識の欠如に人を巻き込むな!!仕事しているふりをするのが仕事じゃないぞ!! 猛抗議し謝罪させる。疲れ切り、機内では爆睡。東京に戻ると雑事を思い出す。思えば、沖縄での悩みは、撮影だけしかなかった。ラボ出し。

5/13 4時起床。海の撮影。少しだけだが、奇跡的に晴れる。昼食は温泉サン推薦の「淡すい」の沖縄すばを食べる。美味い。午後、A&Wへ。那波さんルートビアに満足。7時クランクアップ。言葉も無く大変な撮影だった。沖縄の方々の協力によって何とか成立できた撮影だった。夜は行きつけの山羊専門店へ打ち上げ大会。金城さん、温泉サン夫婦、比嘉サンも参加。至福の時だった。帰り雨の中歩いて行きついた「東大」は新たな強豪の予感。即、多呂プロ特選食堂入りだッ!感じがよいのだ。

5/12 5時起床。雨何とか持つ。温泉サン夫妻、突貫小僧の方々に協力していただき、順調。午後から首里劇場撮影。夜遅くになる。食事は多呂プロ特選食堂、金壷と沖縄弁当。金城さんに頂いた、黒砂糖ピーナッツで生き延びる。大雨になる。

5/11 5時起床。弁当作り。大雨。何とか那覇へ。台風接近中。疲れて寝てしまっている、4人。温泉さん達と首里劇場で合流。ロケハン、小道具チェック、セッティングと休む間なし。飯岡さんも大忙し。爆錘。

5/10 5時起床。沖縄行きの準備。小道具集め。備品をどのくらい持っていけばいいのか悩みまくる。車の荷物を部屋に上げて、食事の残りを整理。助監督さんとあう。夕方カメラ積み込みへ。明日の弁当大変。しかし、台風の方が大変。飛行機が飛ぶのか。

5/9 昼帰宅。寝る。夕方起きる。ロケ場所になった部屋掃除。夜中までかかる。洗濯。

5/8 5時起床。晴れ。ロケ。分量が多くガンガン飛ばす。それでも予定通り朝までコース。

5/7 4時起床。雨後晴れ。理想の天気。オープンの一日。7時終了。ガンガン飛ばして帰京。

5/6 5時起床。やっとやっとセッティングできる。とともに御飯作り。夕方出発。ロケ先に着いたと共にセッティング。ああ忙し。みんなで楽しく銭湯へ。雨が心配。合宿。

5/5 雨。セッティング、やっとまとまる。御飯作り。タイカレー、おでん、鳥丼、鳥皮あえ、を1時間で作る。

5/4 晴れ。朝からセッティング。おむすび作る。もちろん玄米の。トッポギのセットを買う。宗教のシーンの撮影。人が沢山きてくれる。撮影、セッティング、イベント準備、イベント、その後の打ち上げ準備と大変大変、目が回りきる。お客さんの温かい声援のおかげで何とか、生き延びる。大盛況。反応がよい。皆、喜ぶ。至福の時。それにしても、動員数がすごい。聞くとオーピー祭り中一番の動員だったそうだ。ビックリ!!夜中帰る。

5/3 6時起床。雨。働くおじさん、けふも働く。皆の弁当を作る。上野セッティングをする。まとまりません。夜中までかかるが、持ち越し。明日は撮影かつイベントなのだ。関根組のイベント見る。斉藤支配人の人気と話術に驚く。

5/2 4時半起床。カット割り打ち合わせ。部屋のセッティングで、うちは目茶苦茶になる。パソコン壊してしまう。なのでホームページは更新できず。この忙しいときに・・すでに疲れている。

5/1 6時起床。雨。カット割り。

4/30 衣装合わせ。大変。終わらん。

4/29 6時起床。世間は休みなのに、コチトラ休みなし。

4/28 5時半起床。コメダにてセッティング表を書く。5時間粘っても感じよいので、つい、色々注文してしまう。コーヒーフロートガム抜きがうまい。コーヒーを飲めない私でもうまく感じる。

4/27 6時起床。朝から打ち合わせ。ラジオで上杉さん怒っている。お腹壊すが、草枕にてカレーを食べる。うまい!空オケ。打ち合わせ。

4/26 野菜沢山買う。

4/25 準備。

4/24 晴れ。早朝より道志へ。荷物積み込み。山中湖で選挙。そのまま静岡ロケハン。まずは焼津へ。広くすばらしい。かさごのお魚定食を食べる。大変だという事だけがよくわかる。



4月12日版 7月4日版
Copyright ©首里劇場. All Rights Reserved.